遺品整理コラム

デジタル遺品についての基礎知識・処理方法チェックリスト

遺品整理におけるデジタル製品、いわゆる「デジタル遺品」については言葉としても比較的新しく、実際にどんなものなのか想像がつきにくいという方が多いかもしれません。

… 続きを読む

2021.04.27

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント10:領収書の発行は可能か?

領収書

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の9つ目、「万が一のための損害賠償保険に加入しているか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。

  1. 遺品整理業者のホームページはあるか?
  2. 電話応対時の言葉遣いはしっかりしているか?
  3. 廃棄物の処理方法を説明できるか?
  4. 一般廃棄物収集運搬業の許可は下りているか?
  5. 料金体系は明確であり、わかりやすいか?
  6. 訪問による見積もりが行われるか?電話だけで済まされないか?
  7. 見積書について、詳細な説明があるか?
  8. 無料回収、買い取りを強調して値段が安いことを言っていないか?
  9. 万が一のための損害賠償保険に加入しているか?
  10. 領収書の発行は可能か?

 

今回は10のポイントのうち、最後の10個目「領収書の発行は可能か?」について補足します。

金銭トラブル防止のため/お客様のための領収書

領収書

これまでのポイント補足で説明してきたとおり、遺族が遺品整理を業者に依頼する際に最も遭遇しやすい問題が金銭トラブルです。

「当初の見積もりより高い金額を請求された」「予定になかった作業費が含まれていたことに後から気づいた」など、遺族にとって精神的・金銭的負担が大きい問題が起こってしまうことが、遺品整理の現場ではあります。

「言った言わない」「払った払わない」の問題を未然に防ぐ方法はいろいろありますが、形に残らない「口約束の契約」は特に気をつける必要があります。

支払手続きを問題なく進めるためにも、遺品整理業者はお客様の要望に応じた書類の準備ができるようにしておくべきです。

その中でも領収書はお金に関わる大切な書類の1つ。「領収書を発行する手間が惜しい」「銀行振込しか受け付けない(領収書は発行しない)」といった柔軟さに欠ける姿勢では、遺品整理という遺族に心を寄せることが必要な仕事にとって、そもそもの資質に問題があると言えます。

近年ではキャッシュレスなど多様な決済手段が広まってきました。これからは「スマホ決済で」「キャリア決済で」「カードで」など、多種多様な方法で作業費の支払いを希望される遺族が増えると予想されます。今後は時代と遺族のニーズに応じた多様な支払い方法に対応していくことがますます求められていくでしょう。

2021.03.01

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント9:万が一のための損害賠償保険に加入しているか?

保険相談のイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の8つ目、「無料回収、買い取りを強調して値段が安いことを言っていないか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。

  1. 遺品整理業者のホームページはあるか?
  2. 電話応対時の言葉遣いはしっかりしているか?
  3. 廃棄物の処理方法を説明できるか?
  4. 一般廃棄物収集運搬業の許可は下りているか?
  5. 料金体系は明確であり、わかりやすいか?
  6. 訪問による見積もりが行われるか?電話だけで済まされないか?
  7. 見積書について、詳細な説明があるか?
  8. 無料回収、買い取りを強調して値段が安いことを言っていないか?
  9. 万が一のための損害賠償保険に加入しているか?
  10. 領収書の発行は可能か?

 

今回は10のポイントのうち、9の「万が一のための損害賠償保険に加入しているか?」について補足します。

予期せぬトラブルを避けるためにも保険加入は重要

保険相談のイメージ

遺品整理の仕事はいわゆる「混沌」とした現場も多くあります。事前に下見をした上で慎重に作業を行っていても、大きな遺品を搬出する際に意図せずお家の壁や設備に傷をつけてしまう可能性があります。

残念ながら業者さんによってはこうした過失を依頼者に隠したまま整理業務を続けるという悪質なケースもあるようです。

当組合が関わらせていただいた遺品整理(アパートでの孤独死)の案件では、不動産会社もしくは親族関係から保険を使い遺品整理を行いたいとのお申し出があり、ご希望の通り対応させていただきました。

遺品整理の現場ではきめ細やかな気配りや対応が求められます。通常の整理業務も慎重に行わせていただいておりますが、万一に備えての保険に関わる対応もお気軽にご相談いただければと思います。

2021.02.03

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント8:無料回収、買い取りを強調して値段が安いことを言っていないか?

怪しいイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の7つ目、「見積書について、詳細な説明があるか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.12.20

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント7:見積書について、詳細な説明があるか?

作業員が訪問してきて困る主婦

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の6つ目、「訪問による見積もりが行われるか?電話だけで済まされないか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.08.26

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント6:訪問による見積もりが行われるか?電話だけで済まされないか?

訪問見積もりのイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の5つ目、「料金体系は明確であり、わかりやすいか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.08.25

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント5:料金体系は明確であり、わかりやすいか?

見積書のイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の4つ目、「一般廃棄物収集運搬業の許可は下りているか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.07.27

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント4:一般廃棄物収集運搬業の許可は下りているか?

一般廃棄物収集運搬業のイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の3つ目、「廃棄物の処理方法を説明できるか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.07.15

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント3:廃棄物の処理方法を説明できるか?

廃棄物のイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の2つ目、「電話応対時の言葉遣いはしっかりしているか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.06.30

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント2:電話応対時の言葉遣いはしっかりしているか?

電話応対のイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の1つ目、「遺品整理業者のホームページはあるか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.06.16