お知らせ

エンディングノートに書いておきたい内容3

エンディングノートを書くイメージ

前回の遺品整理コラム「エンディングノートに書いておきたい内容2」では、エンディングノートに書いておくとよい内容のうち、看護や介護に関することについてご紹介しました。

今回は告知や余命宣告に関わる事態に備え、エンディングノートに記載しておくとよい内容についてご紹介します。

… 続きを読む

2022.04.26

エンディングノートに書いておきたい内容2(看護・介護に関すること)

エンディングノートを書く高齢者の手元

前回の遺品整理コラム「エンディングノートに書いておきたい内容1」では、エンディングノートに書いておくとよい内容のうち

  • もしものときの連絡先や身分を証明するもの

  • 健康に関する情報

についてご紹介しました。

今回は看護や介護などに関連した内容についてご紹介します。

… 続きを読む

2022.02.25

2020年12月 津軽地区での遺品整理報告

遺品整理前

昨年12月津軽地区の某アパートで30代の方が自殺、その後の遺品整理を行いました。

作業前

自殺の意図は分かりませんが依頼主の親の心中を考えると言葉がありません。

 

遺品整理業務は「10人10色」ではありませんが様々な状況があり、

ある意味人生の縮図にも見えるかもしれません。

作業後の現場

今回のケース、老いて亡くなる方、酒浸りの方、ゴミ屋敷で生活 等

作業に当たる前は色々考え複雑な心境です。

供養の様子

この度はアパートの供養お祓いも行いました。

 

あおもり遺品整理協同組合は様々な案件に親切丁寧に対応致します。

2022.01.12

エンディングノートに書いておきたい内容1

エンディングノート

前回の遺品整理コラム「エンディングノートはなぜ作ったほうがいいのか。メリットは?」では、エンディングノートを作るうえでのメリットについて紹介しました。

… 続きを読む

2021.08.30

エンディングノートはなぜ作ったほうがいいのか。メリットは?

エンディングノート

前回の遺品整理コラム「エンディングノートと遺言書の違い」では、エンディングノートと遺言書の大きな違いとして、法的効力の有無などを取り上げました。

… 続きを読む

2021.07.28

エンディングノートと遺言書の違い

エンディングノートのイメージ

自分の死後に残された者へ伝えるべき事項をまとめ、ノート形式で記入する「エンディングノート」。本人が生前に残しておくことで、将来残された家族に対する様々な負担を軽減することにもつながることから利用者が増えています。

… 続きを読む

2021.06.29

捨て難い遺品の「供養」

フィルム写真

遺品整理をしている時。不要で捨てるものも多いなか、故人の思い出が詰まった大切なものが見つかる時もあります。写真はその代表格と言えるかもしれません。

… 続きを読む

2021.05.27

デジタル遺品についての基礎知識・処理方法チェックリスト

遺品整理におけるデジタル製品、いわゆる「デジタル遺品」については言葉としても比較的新しく、実際にどんなものなのか想像がつきにくいという方が多いかもしれません。

… 続きを読む

2021.04.27

デジタル遺品整理への備え

パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器が広く普及し、私たちの生活にとって身近なものになりました。

若い方はもちろん、シニアと言われる年代のユーザーも増え、高齢でもガラケーではなくスマートフォンを使う方も増加しています。

生活を豊かにしてくれるデジタル機器ですが、遺品整理の観点からみると、デジタル機器ほど事前に備えをしておくべきものはないかもしれません。

中身を確認しにくいデジタル遺品

スマートフォンなどデジタル機器

デジタル遺品の特徴はいろいろありますが、遺品整理物として考えた場合の最たる点は「中身を確認しにくい」ことだと考えられます。

たとえば故人のスマートフォン。スマートフォンには画面ロック機能が備わっています。ロック機能を有効にすることで他人が勝手にスマホの中身を見られないようにできますし、スマートフォンでキャッシュレス決済を使う場合には、スマートフォンにパスワードを設定しておく必要があります。

通常こうしたパスワードは本人しか把握していないため、故人のスマートフォンにアクセスすることは極めて困難になります。

スマートフォンによっては、数回パスワードを入力し間違えるとスマートフォン内のデータを初期化するという設定がされている場合もあります。安易にパスワードの入力を試すことも難しいと言えます。

加えてパスワードの方法も多様化しています。文字列の場合もあれば指紋認証や顔認証といった、個人の身体的特性を応用したパスワード設定がされている場合もあります。この場合、故人から取得することが難しい場合もあり、パスワードの解読はさらに困難を極めます。

最近ではスマートフォンでお金の管理や支払いをしたり、確定申告など行政的な手続きを行えるようにもなりました。重要な情報を保存する場合もあり、今やスマートフォンは生活インフラとして私たちに欠かせない道具となりました。

それほど重要な道具になったからこそ、いざという時に何も手出しできないような事態になった時、コトの深刻度が高いと言えます。

備えあれば憂いなし

一方でスマートフォンのパスワードはプライベートなものである場合も多く、家族とはいえ身近な人のそうした情報を把握することに抵抗があるというケースもあります。

それでも遺品整理という観点から考えた場合、備えあれば憂いなし。デジタル機器のパスワード情報などは有事に備えて共有できる体制を取っておくに越したことはないと考えます。

2021.03.26

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント10:領収書の発行は可能か?

領収書

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の9つ目、「万が一のための損害賠償保険に加入しているか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。

  1. 遺品整理業者のホームページはあるか?
  2. 電話応対時の言葉遣いはしっかりしているか?
  3. 廃棄物の処理方法を説明できるか?
  4. 一般廃棄物収集運搬業の許可は下りているか?
  5. 料金体系は明確であり、わかりやすいか?
  6. 訪問による見積もりが行われるか?電話だけで済まされないか?
  7. 見積書について、詳細な説明があるか?
  8. 無料回収、買い取りを強調して値段が安いことを言っていないか?
  9. 万が一のための損害賠償保険に加入しているか?
  10. 領収書の発行は可能か?

 

今回は10のポイントのうち、最後の10個目「領収書の発行は可能か?」について補足します。

金銭トラブル防止のため/お客様のための領収書

領収書

これまでのポイント補足で説明してきたとおり、遺族が遺品整理を業者に依頼する際に最も遭遇しやすい問題が金銭トラブルです。

「当初の見積もりより高い金額を請求された」「予定になかった作業費が含まれていたことに後から気づいた」など、遺族にとって精神的・金銭的負担が大きい問題が起こってしまうことが、遺品整理の現場ではあります。

「言った言わない」「払った払わない」の問題を未然に防ぐ方法はいろいろありますが、形に残らない「口約束の契約」は特に気をつける必要があります。

支払手続きを問題なく進めるためにも、遺品整理業者はお客様の要望に応じた書類の準備ができるようにしておくべきです。

その中でも領収書はお金に関わる大切な書類の1つ。「領収書を発行する手間が惜しい」「銀行振込しか受け付けない(領収書は発行しない)」といった柔軟さに欠ける姿勢では、遺品整理という遺族に心を寄せることが必要な仕事にとって、そもそもの資質に問題があると言えます。

近年ではキャッシュレスなど多様な決済手段が広まってきました。これからは「スマホ決済で」「キャリア決済で」「カードで」など、多種多様な方法で作業費の支払いを希望される遺族が増えると予想されます。今後は時代と遺族のニーズに応じた多様な支払い方法に対応していくことがますます求められていくでしょう。

2021.03.01

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント9:万が一のための損害賠償保険に加入しているか?

保険相談のイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の8つ目、「無料回収、買い取りを強調して値段が安いことを言っていないか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。

  1. 遺品整理業者のホームページはあるか?
  2. 電話応対時の言葉遣いはしっかりしているか?
  3. 廃棄物の処理方法を説明できるか?
  4. 一般廃棄物収集運搬業の許可は下りているか?
  5. 料金体系は明確であり、わかりやすいか?
  6. 訪問による見積もりが行われるか?電話だけで済まされないか?
  7. 見積書について、詳細な説明があるか?
  8. 無料回収、買い取りを強調して値段が安いことを言っていないか?
  9. 万が一のための損害賠償保険に加入しているか?
  10. 領収書の発行は可能か?

 

今回は10のポイントのうち、9の「万が一のための損害賠償保険に加入しているか?」について補足します。

予期せぬトラブルを避けるためにも保険加入は重要

保険相談のイメージ

遺品整理の仕事はいわゆる「混沌」とした現場も多くあります。事前に下見をした上で慎重に作業を行っていても、大きな遺品を搬出する際に意図せずお家の壁や設備に傷をつけてしまう可能性があります。

残念ながら業者さんによってはこうした過失を依頼者に隠したまま整理業務を続けるという悪質なケースもあるようです。

当組合が関わらせていただいた遺品整理(アパートでの孤独死)の案件では、不動産会社もしくは親族関係から保険を使い遺品整理を行いたいとのお申し出があり、ご希望の通り対応させていただきました。

遺品整理の現場ではきめ細やかな気配りや対応が求められます。通常の整理業務も慎重に行わせていただいておりますが、万一に備えての保険に関わる対応もお気軽にご相談いただければと思います。

2021.02.03

高齢者一人暮らし 青森県内の某お部屋

整理前のお部屋

先日対応させていただいた遺品整理現場の写真です。

… 続きを読む

2021.01.29

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント8:無料回収、買い取りを強調して値段が安いことを言っていないか?

怪しいイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の7つ目、「見積書について、詳細な説明があるか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.12.20

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント7:見積書について、詳細な説明があるか?

作業員が訪問してきて困る主婦

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の6つ目、「訪問による見積もりが行われるか?電話だけで済まされないか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.08.26

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント6:訪問による見積もりが行われるか?電話だけで済まされないか?

訪問見積もりのイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の5つ目、「料金体系は明確であり、わかりやすいか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.08.25

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント5:料金体系は明確であり、わかりやすいか?

見積書のイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の4つ目、「一般廃棄物収集運搬業の許可は下りているか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.07.27

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント4:一般廃棄物収集運搬業の許可は下りているか?

一般廃棄物収集運搬業のイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の3つ目、「廃棄物の処理方法を説明できるか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.07.15

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント3:廃棄物の処理方法を説明できるか?

廃棄物のイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の2つ目、「電話応対時の言葉遣いはしっかりしているか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.06.30

遺品整理の悪質業者を見分けるポイント2:電話応対時の言葉遣いはしっかりしているか?

電話応対のイメージ

前回のコラムでは「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」の1つ目、「遺品整理業者のホームページはあるか?」について取り上げました。

「遺品整理業における悪質な業者を見分ける10のポイント」とは、週刊ダイヤモンド2020年1月18号に掲載されたもので、遺品整理士認定協会が作成したものです。… 続きを読む

2020.06.16

石仏像のお祓い供養

お祓いの様子

お祓いの様子

八戸エリアで屋敷内にある石仏像(石の神と言っているものです)をお祓い供養して欲しいとの依頼が組合にありました。

上の写真は天台宗の和尚がお祓いしている写真です。

その後は第一清掃さんにより処分されました。

2020.06.12